さんの場合

“”

織物の技術を教えるのではなく、 織る人が自由に表現できるようになることを目標にしています。