川邉千晴さんの場合

熊本学園大学 商学部 2年(参加当時)

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
議員インターンシップ

“意識が変われば行動が変わる、
原動力は議員インターンシップでの2か月間”

ーインターンシップに参加した理由は何でしたか?

1年生の頃から、興味のあることに積極的に参加することを心がけており、商店街活性化のイベント運営や学校で募集にしていたインターンシップを行ってきました。先輩からの勧めで議員インターンシップを知り、生の政治に触れることができることに魅力を感じて、参加を決めました。

ーインターンシップを通じて、感じたことや印象に残っていることは何ですか?

インターンシップに参加して感じたのは、自分は自分の力を過信しすぎていたということと、自分にはそれを省みる必要があるということです。

インターンシップ中に地域の祭の運営や会合など様々な場所へ行くことがありましたが、社会人を前にして、「どんな風に見られているだろうか」「マナー違反をしてないだろうか」と気にしていました。社会人と接する経験や知識がまったく身についていないことへの焦りを感じたことを覚えています。同世代のコミュニティの中で過ごしているときでは、このような経験をする機会はほとんどありませんでした。

また、議員インターンシップに参加する学生のなかには、自ら掲げる目標に向けて頑張っている人が多く、そんな学生に刺激を受けながら過ごす2か月間は、私のインターンシップ後の大学生活2年間を大きく変えるきっかけになりました。

ー参加を検討している人に一言お願いします

インターン先の事務所によって、出会う人も活動内容も異なります。それ故に活動中の気付きも感じることも人それぞれです。だからこそ、自分の価値観や尺度を知ることになります。「自分はどんな活動にワクワクするのか」「自分にとって納得できる意見や情報はどういった内容なのか」「今の自分には何ができないのか」「2か月間で何ができるようになったのか」など、自分を知るきっかけが議員インターンシップにはあります。自分を知ることで、インターンシップ参加後の学生生活の使い方も変わってくると思います。

今、インターンシップを知ったことは、大学生活における転機かもしれません。このきっかけを掴むか、逃してしまうかで、可能性の広がり方は大きく異なってくるはずです。私は現在、議員インターンシップで実感した「自分の未熟さ」を原動力に、自分と他人の可能性を広げたい思い、インターンシップの学生スタッフとして活動を行なっています。

本当の自分と向き合える2カ月間をぜひ、これを読んでいるみなさんにも掴み取ってほしいと思います。