山本壮馬さんの場合

関西学院大学 社会学部 二回生(参加当時)

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
議員インターンシップ

“「人」との関わりから学ぶ”

ーインターンシップに参加した理由は何でしたか?

一回生が終わって大学生活に慣れてきたとき、自分の受けていた授業で議員インターンシップがあることを知りました。元々政治には詳しくなく、あまり興味も無かったのですが、おそらく何もしなければ議員と関わる機会はないだろうと思えたので、このインターンシップをきっかけに直接関わりたいと思い、興味本意で説明会の参加を決めました。

説明会では、スタッフの方が親身になってくれたことと、後押ししてくれたこともあってインターンシップへの参加を正式に決めました。どの議員の元にインターンシップに行ったらいいのかも、私の話を聞いて、凄くぴったりの方を選んでくれました。

ーインターンシップを通じて、感じたことや印象に残っていることは何ですか?

参加をしてみて、議員の方からとても多くのことを学ぶことができました。私がインターンをした議員は人に対してとても気を配っている方で、専門的な知識よりも人と関わる上での基本的な事を勉強させていただきました。その方は短い時間で人の顔と名前を覚え、話す話題をとにかく幅広く準備し、相手に合わせるといった事を実践していました。私の周りには今までその様な事を実践している人はいなかったので、プロの方の仕事を常に近くで見ることができた経験は、自分の人生でとても有意義に感じています。

さらには議員の方だけでなく、その周辺にいる方と関わりを持てたことも、私にとって大きな出来事になりました。インターンシップは二ヶ月という短い期間ですが、このインターンシップをきっかけに出会った方々からは多くの影響を受けました。プログラムが終了した後でもその様な人間関係は広がり続けていて、そこで出会う人は「大学」という場所だけでは絶対に出会えない人たちばかりです。そしてその様な方と出会い、お話しをさせていただく度に、自分にはない新しい考えが入ってきて新しい学びがあります。このインターンシップは2ヶ月という短い期間ですが、私とっては「人生や生活が変わるきっかけ」だったと今では思っています。

ー参加を検討している人に一言お願いします。

参加を迷っているなら、ぜひ参加してみることをオススメします。政治に興味が無かったり、知識に不安があるなら特に参加をしてみてください。議員インターンシップというと政治の事を学ぶと考えがちですが、それだけではありません。議員という方々は多くの人との関わりがあります。そのような人は専門的な知識以外にも「対人」という、どのような人でもどのような職業でも必ず必要になる能力に長けています。学べることはどのような心持ちで参加するかによっても左右されるかとは思いますが、自分が学びたいと思えば、政治という専門的なことから対人コミュニケーションという基本的なことまで、多くの学びを得ることの出来る環境がこのインターンシップでは準備されています。一度勇気をだして飛び込むと、きっと刺激にあふれる2ヶ月間になると思います。