中崎花子さんの場合

奈良女子大学 生活環境学部 一回生

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
グローバルインターンシップ

“インターンをきっかけに留学へ”

ーインターンシップに参加した理由は何でしたか?

私がグローバルインターンシップに参加したきっかけは、海外に興味があり国際系の仕事を実際に体験してみたいと思ったからです。なぜなら、参加する前まではなんとなく海外に興味を持ちながらも、それを実際に行動に移せておらず、具体的に何がしたいのか、そもそも本当に自分は海外に興味があるのか、といったことが曖昧な状況でした。なので実際に体験してみることでその状況を打開したいと思っていました。

実際に私はフィリピン観光省という機関でインターンをさせていただいたのですが、そこでは文書の英訳作業や接客、イベント参加などを通じて、観光省という機関が普段どのような仕事をしているのかを知ることができました。とくに印象に残っている活動は、イベントで旅行会社の方やフィリピン人の方など多くの方とお話をしたことです。ふつうに大学生活を送っていたら接する機会がない方と、将来や仕事についてお話を聞くことができ、とても刺激を受けました。またそういった方の話を聞いて、大学生のうちに興味のあることに挑戦しておくことが、就活やその後の人生に活きてくると感じました。ですので、そう言った経験を通じて将来について考えを深め、次の行動に繋げられる点がこのインターンシップの魅力だと思います。

ーインターンシップを通じて、感じたことや印象に残っていることは何ですか?

具体的には、私はインターン後のアクションとしてフィリピン留学をしてきました。フィリピン留学をした理由は2つあります。まず1つ目が、インターン中にその国の紹介ビデオをみせていただいたり、そこの機関で働いていたフィリピン人の方とコミュニケーションをとる中で、その国の魅力に気づいて、単純にその国に行ってみたいと思ったからです。2つ目の理由は、インターン中に出会ったスタッフさnや一緒にインターンをしていた大学生の影響です。一緒にインターンをしていた子はすごく積極的で向上心のある子でした。またスタッフさんも学生時代に留学をしていたりとすごく行動的な方で、そういう方が身近にいたことで自分も何か行動しなければと、すごく良い刺激を受けました。そして実際に留学をしてみて、フィリピンでの1ヶ月は本当にあっという間で、とても楽しく充実した留学生活を送ることができました。また、そこでも様々な影響を受けました。もし、夏休みにインターンシップをしていなければ、このような経験はしていなかったと思います。そう思うと、このインターンシップは夏休みの2ヶ月だけではなく、その後の生活にも影響を与えてくれたものだと感じています。

今後はインターンシップで得られた経験を活かして、興味のあることにとことん挑戦し、多くの経験や人との出会いを通じて、自分を成長させていきたいと思います!

ー参加を検討している人に一言お願いします。

最後に、これを読んで下さっている方でインターンシップ参加を迷っている方は、ぜひ挑戦する方を選んでみてほしいと思います。やらずに後悔するよりはやって後悔した方がいいと思いますし、やって無駄なことなどないと思います。やったからには何か得られるものがあるはずです!私自身も参加するかどうか迷った時期もありましたが、今振り返ってみたらあの時行動する方を選んでよかったなと思っています。みなさんもぜひ行動に移してみてください!きっと新たな世界が待っています!