中村そよ香さんの場合

千葉大学 国際教養学部 2年(参加当時)

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
NPOインターンシップ

“気づきと学びの連続の2ヶ月間”

ーインターンシップに参加した理由を教えてください。

私はまだ将来の夢が決まっていないので、自由に時間が使える学生の間に様々なことに挑戦するようにしています。例えば今までにボランティアや珍しいアルバイトをしてみたり、空港でのインターンシップに参加したりしてきました。様々な働く人を見る中で、NPOの職員の方がどのように働かれているのかにも興味を持ち、NPOインターンシップに参加しようと思いました。

ーインターンシップではどんな経験や気づきがありましたか?

私がインターンしたTABLE FOR TWOでは、幅広い仕事を少人数でこなす必要があるため、効率のよい仕事の回し方が確立されていました。また、限られた資金で団体について周知するために、SNSだけでなくマスメディアにも積極的にアピールしてニュースや記事にしてもらったり、テレビに取り上げられたときの映像を機会があれば広報に利用したりしていました。

このように少ないコストで最大の利益を得るための工夫がTABLE FOR TWO事務局内にはたくさん施されており、それを間近で知ることができ感動しました。チームの運営に興味があった私にとっては、どのように組織の生産性を高めているのかを知ることができ、非常に勉強になりました。これらの知識は将来に役立つでしょうし、実際に学生のうちにも活かしていきたいと思っています。

ー参加を迷っている人に対して一言お願いします。

「NPOが何をしているのかよく知らないから参加しない」と考えているのであれば、非常にもったいないです。よく分からないからこそ参加して、実際に見て感じることで学べることがたくさんあります。参加するのであれば、受動的にインターンシップ活動をするのではなく、能動的に何か学びを得ようという姿勢をもって活動に参加することが大切になります。このような経験は学生のうちしかできないので、自由な時間が多い時期に是非体験をしてほしいです。